広島で、縫製業を続けています。


檀上被服は、45年間、広島の尾道で縫製業を続けています。

創業当時のえんかん服から始まり、
現在では、東京の有名ブランドからのジーンズ、シャツ、トップスの注文を幅広く受けています。

45年間という長い長い時間、『縫製』にこだわり続けてきました。
どんなに難しい注文でも、ただただ、ひたむきに『縫う』ことに取り組んできました。

『サンプル』に込められたデザイナーさん、パタンナーさん、皆様の想いを
檀上被服の『縫製』を通して1つの作品にできたら、嬉しく思います。